悪臭の消臭や殺菌効果に優れたオゾン発生器のすすめ

オゾン発生器は殺菌・消臭・漂白の効果が優れていること、オゾン発生器の性能・評判などをいろんな角度から検証しているサイトです。

トップページ

トップページ

当サイトは悪臭や衛生管理、除菌などでお悩みの方に殺菌・消臭・漂白に効果のあるオゾンを紹介するサイトです。しかし、オゾンは便利な半面、危険な気体としても知られています。危険といわれるオゾンを安全に使うためにはオゾンの正しい知識を持つ必要があります。当サイトでオゾンとオゾン発生器についてできるだけ正確に考察したいと思います。

カテゴリ

オゾン
オゾン水
オゾン発生器
ゴキブリ・ネズミ
タバコのニオイ
ペットのニオイ
介護
住宅のニオイ
悪臭について
殺菌対策
消臭対策
空気清浄機
花粉症

オゾンの消臭力・殺菌力・漂白力

オゾンには強い酸化力があります。そのため有機物にすぐ反応する性質があります。有機物とは悪臭の元やウィルス、細菌なども入ります。ニオイの元がオゾンと反応すると別のものに変化するのでニオイの元を断ってしまいます。

タバコや汚物臭など人間の生活からできる悪臭には特に効果がありますが、香水や石油製品のような化学物質には効果は弱くなります。

ウィルスや細菌は細胞膜を破壊してしまうのでそのまま死滅します。薬剤のように耐性を持つようなことはありませんし、オゾンは反応後に酸素になるので残留の心配もありません。

強い漂白力を持つので汚水の中にオゾンをバブリングすれば透明になります。

このような性質からオゾンは水道水の消臭・殺菌・漂白に使われるようになっています。塩素を使った水道水に比べカルキ臭がなく美味しくなります。

東京の水道水が過去に比べて格段に美味しくなったのはオゾンのおかげといわれています。

オゾンの危険性

オゾンは自然界にも存在しており私たちのまわりにも微量のオゾンがあります。コピー機からもかすかにオゾン臭がすることがあります。人間はほんのわずかでもオゾンのニオイを嗅ぎ分けられます。

それは生きものに備わった本能かもしれません。強いオゾン臭がしたら危険なので避難しなくてはなりません。

濃いオゾンガスを人が吸い込むと、鼻・咽喉・気管・肺などの表面に反応し強い刺激があります。
この状態が長く続くと肺水腫をおこし命にかかわるようになります。

日本では産業衛生学会許容濃度委員会が作業環境におけるオゾン濃度を最高で0.1ppmと定めています。

ちなみに人がオゾン臭を感じる濃度は0.02ppmからだそうですから、かなり薄くても人はオゾンのニオイを感じることができるのです。

まとめ

当サイトではオゾンの危険性を認識しつつ、オゾンを安全に使うことでニオイ対策や除菌対策などに活用できることを目的にしています。

最近のコメント

    当サイトお薦め!返金保証付の万能タイプ

    お試しオゾン発生器!安価ながら効果あり!

    マイナスイオンとオゾンで部屋リフレッシュ!

    有人環境でも使用可能!介護にお薦め!

    オゾン水生成器 オゾンバスター

    オゾン大容量生成 業務用

    Count per Day

    • 25現在の記事:
    • 2678総訪問者数:
    • 0今日の訪問者数:
    • 5昨日の訪問者数: