悪臭の消臭や殺菌効果に優れたオゾン発生器のすすめ

オゾン発生器は殺菌・消臭・漂白の効果が優れていること、オゾン発生器の性能・評判などをいろんな角度から検証しているサイトです。

犬猫 におい対決と対策法

time 2019/02/19

犬猫 におい対決と対策法

ペット好きな方はたくさんいますが、やはり困っているのはニオイの問題です。そこで今回はペットとして飼っている犬と猫に限定して、どちらが臭いのか?どのようなニオイ対策があるのか?に焦点をあてて調べました。

sponsored link

飼っているペットは何が一番多い?

ペットの代表的なのは犬と猫ですが、あなたはどちらが多いと思いますか?

調査方法などで誤差が生じると思いますが、2018年10月の日本ペットフード協会の調査結果が下図のグラフになります。

クリック拡大

これによると2016年までは犬が1位を占めていたのですが、現在は猫が1位を獲得しています。

この傾向は日本だけではなく欧米でも猫を飼う人が増えているそうです。

猫は散歩の必要が無いことから人気があるのかもしれません。

この傾向を私なりに分析しましたが、「人間があまり運動したがらなくなってきた」、「高齢化にともない散歩の必要のない猫を飼うようになってきた」、どちらかなのではないかと思いますがあなたはどう思いますか?

犬や猫以外のペット数までは調べていませんので断言できませんが、ペットで一番多いのは猫なのは今後も変わらないように思います。

猫と犬のニオイの差

体臭

猫と犬で大きな違いは体臭です。

猫の体臭はほとんど臭わないのに対し、犬の体臭は結構きついものがあります。

猫は無臭、もしくは飼い主によればいいにおいがするそうです。ポップコーンやメープルシロップのようなニオイとまで言う飼い主さんがいます。そういう猫がいるかもしれませんが、基本的に猫は風呂に入れなくても猫は常に毛づくろいをしているので毛並みは良くニオイはしません。

猫が臭う時は体調が悪くて毛づくろいをしていないか、歯周病や病気で口臭がする時に毛づくろいをして体が臭くなりことが考えられます。

このように無臭である猫の体臭がくさい時は病気の恐れがあります

犬は健康でも体臭がありますが、ブラッシングやシャンプーを怠るとさらに体臭が強くなります。

無臭の猫と体臭のある犬との差は汗腺の違いです。

猫には足の裏以外に汗腺はありません。しかし犬にはアポクリン腺という汗腺が体中にあります。

犬のニオイの大半はこのアポクリン腺から出る汗がニオイの元になります。このニオイは蒸れた靴下と同じ成分で、この汗が細菌などで分解されて体臭になるのです。

実は犬の体臭は犬同士のコミュニケーションに大切なものなので、くさいと思っているのは人間だけなのです。

ちなみに人間にも脇、口、生殖器周辺にアポクリン腺はありますから、体臭の元という点では犬も人も似ているということなのでしょう。

排泄物

排泄物はどんな動物でも臭いものですが、特におしっこのニオイが不快に感じるようです。

では、犬と猫ではどちらのおしっこ臭が強烈でしょうか?

洗剤、石鹸、歯磨きなどの大手会社ライオンの研究によると、猫の尿に付いている細菌が尿を分解してアンモニアを発生する量の方が、犬の尿のアンモニア発生量より20倍多いことが分かったそうです。

つまり犬よりも猫のおしっこの方がかなり臭いということです。

このようにペットにニオイは付きものですが、飼い主としては少しでもニオイを抑えたいと考えるのは当然のことです。

では実際にどのような対策があるのでしょうか?

ペットのニオイ対策

消臭剤・消臭スプレー

部屋や、トイレを消臭剤や消臭スプレーでニオイを消す方法ですが、ほとんどの人がこの方法をとっていることでしょう。

ペット用の消臭剤は星の数ほどたくさん販売されています。その中で良いものを探すのは大変ですよね。

選ぶのに困ったらネットでペット消臭剤のランキングを検索すれば出てきますからそれで選ぶという手もありますし、ペット用消臭剤の選び方で検索して検討するやり方もあります。

中にはファブリーズを猫や犬に使うのは危険だという注意喚起をしているサイトもあります。
ただしこれは誤解もあるようなので、なんでもすぐに信用せずに内容を良く確認しましょう。

バイオ消臭剤がなかなか良さそうですが、テレビで放映されたバイオ消臭剤を簡単に自宅で作る方法を試してみても良いのではないでしょうか。

トイレシート・トイレ砂

市販のニオイを消すトイレシートや、トイレ砂を使っている飼い主さんは多いと思います。

基本的にトイレのニオイを消すのはこまめに交換して衛生的に保つことが一番ですが、それが面倒だからニオイのしないトイレグッズを探しているのでしょう。

ペットの糞はトイレに流すことができる場合と、燃えるごみに出す場合がありますが、犬や猫の糞は地方自治体によって対応はまちまちです。

下水処理は人間の排泄物を処理することを想定しているため流してはいけないという自治体もあれば、ペットの糞はごみ焼却施設への持ち込み禁止物に指定しているところもあります。それぞれ調べる必要があります。

糞を燃えるごみに出す場合は袋に入れて置いておくことになりますが、普通の袋だといくらきつく縛っても臭いが漏れてくることがあります。

そんな時にはこれが便利!

うんちが臭わない袋BOS(ボス)

鼻をつけても臭わない高レベルの防臭性能を持っているそうです。

オゾン消臭

部屋の中、特にトイレが臭くなるのは雑菌の繁殖でアンモニアが分解されて悪臭を放つようになることが原因です。

この空気中を漂う悪臭は、オゾンによる殺菌と消臭をおこなうことでニオイの元を分解し、原因になる雑菌を破壊します

オゾン発生器が無人環境で使用するオースリークリア2のようなタイプなら、ペットがいない間に消臭・殺菌するように使います。

有人環境下で使えるオゾンケアオゾンクルーラーなら狭い部屋でなければ、ペットがいる状態でも使用してかまいませんが、ペットの様子を観察して使うようにしたほうがいいでしょう。

まとめ

犬や猫はペットといえど家族同然に情が移ります。でもニオイは何とかできるものなら何とかしたいですよね。
ニオイの悩みは千差万別なのであなたに合ったニオイ対策を講じなければいけませんが、この中にヒントが見つかれば幸いです。
当サイトとしてはオゾン消臭が一番お勧めしています。

sponsored link

down

コメントする




最近のコメント

    当サイトお薦め!返金保証付の万能タイプ

    経済産業省認定!マイナスイオン+オゾン

    マイナスイオンとオゾンで部屋リフレッシュ!

    有人環境でも使用可能!介護にお薦め!

    オゾン水生成器 オゾンバスター

    オゾン大容量生成 業務用

    Count per Day

    • 11現在の記事:
    • 375総訪問者数:
    • 0今日の訪問者数:
    • 6昨日の訪問者数: