悪臭の消臭や殺菌効果に優れたオゾン発生器のすすめ

オゾン発生器は殺菌・消臭・漂白の効果が優れていること、オゾン発生器の性能・評判などをいろんな角度から検証しているサイトです。

オースリークリア2を正しく使う

time 2019/02/23

オースリークリア2を正しく使う

当サイトで一押しのオゾン発生器、オースリークリア2を正しく使うというテーマで進めていきたいと思います。
オースリークリア2に興味がある方はもちろん、もうすでに持っている方も確認のつもりでご覧下さい。

sponsored link

オースリークリア2 いち押しの理由

当サイトがオースリークリア2をいち押しする理由は

①信頼と実績

前モデルオースリークリアから現行のオースリークリア2に至るまで多くの販売実績があり、導入実績は1万社以上というたくさんの顧客から支持を受けている点が挙げられます。
オースリークリアを更にパワーアップしたオースリークリア2は、前機種以上の高性能と高い信頼があると判断しています。

②優れたコストパフォーマンス

オースリークリア2はコストを抑えるために中国でOEM生産されていますが、完全に日本向けの製品でPSEマークを取得しています。

そしてオースリークリア2オゾン発生量300mg/hとこの価格帯では最大クラスです。

オースリークリア2は高性能でありながら低価格である点からコストパフォーマンスが大変優れていると判断しました。

③返金保証制度

オースリークリア2はオゾン発生器の業界では初めて30日間返金保証制度を採用しています。返金保証制度のあるオゾン発生器は、知る限りではオースリークリア2しか見当たりません。

④オゾン水生成

オースリークリア2はオゾン水を生成するための「エアレーションストーン」が付属しています。エアレーションストーンとは水中でオゾンを曝気させ溶け込ますための細かい穴のあいたものです。
10Lの水を1ppm濃度のオゾン水に変えるのに要する時間はわずか7分です。

⑤経済性

オゾンの原料は空気中の酸素です。だから、原料代はタダです。電気代は24時間運転してもたった4.5円しかかかりません。

オースリークリア2の基本的な使い方

Ⅰ本体設置

オースリークリア2本体はオゾンを放出する部屋の外に置きます。

一部のサイトで中でも外でもどちらでも良いと書いているところがありますが、中に置くと放電管が早く痛みますので注意してください。

オースリークリア2の背面に壁掛け用の穴があり、壁掛けもできますが、多くの方は床置きにして使っています。

Ⅱチューブ接続

オースリークリア2側面のオゾン排出口にチューブを接続して、ドアの隙間から部屋の中にチューブを入れます。このときドアの隙間はなるべく少なくして、できれば目張りをすれば完璧です。

Ⅲタイマーセット

電源を接続し、ON/OFFボタンを押すと運転が始まるのですぐにタイマーの設定をします。

タイマーの初期値は運転時間40分、待機時間30分になっています。

タイマーはオゾン放出→オゾン停止待機→ これを繰り返す運転になります。

待機時間の間にオゾンが反応し酸素になっていきます。手動でOFFにするまでON/OFF繰り返し運転をします。

タイマーのパネル表示はこのように英語表記です。

①Set On Time(運転時間)
②Set Stop Time(待機時間)
③On Remaining(オゾン放出残り時間)
④Stop Remaining(待機残り時間)

 

パネル右上の数字は分を表しています。①~④の点滅しているところの時間を表しています。

タイマー時間を変更するときはSetボタンを押します。変更するところが点滅します。
すべてを変更したらConfirmボタンを押すと運転が再開します。

運転時間の設定は1~40分、待機時間の設定は30~360分の間で設定できます。

一度セットしたら記憶され次回も同じセット時間になるので、次回変更する必要がない場合は楽です。

Ⅳ停止

ON/OFFボタンを押すと1分間エアポンプが空運転を行い内部のオゾンを出し切って停止します。

部屋に入ってまだオゾン臭がするようなら換気をするか、もうしばらく放置してください。

オースリークリア2の注意点

オースリークリア2使用時の注意点をあげてみました。

・オゾン臭が残っていたら換気をする
・オゾン吹き出し口から直に吸わない
・オースリークリア2を使用する部屋は無人の状態にする。
・オースリークリア2は部屋の外に置く。
・自動停止はしないので作業を辞める時は手動で停止する。
・長時間の連続運転はできない。

オースリークリア2はON/OFFのサイクル運転しかできませんので長時間運転できないことを注意点にあげました。これを注意点に入れるべきか悩みましたが、できると思われると困るので記載しました。

オースリークリア2の注意点は以上ぐらいでしょうか。人間はわずかなオゾン臭を感じることができます。わずかなオゾンは無害なのですが、人それぞれなのでオゾン臭が残っていると感じたら換気をしてください。

オースリークリア2の寿命

オースリークリア2の寿命は3千時間とメーカーでは公表しています。

3千時間とはオースリークリア2を1日2時間、週5日使用して約6年間もつということです。

ここでいう寿命とはオゾン生成量が70%以下に落ちた時のことをいい全く使えなくなるというわけではありません。

その間オースリークリア2のメンテナンスは全く不要です。

また、オースリークリア2には1年間の無償修理保証が付いていますが、1年以上過ぎての故障は有償になります。この時、故障修理はメーカーにメールで問い合わせをしたほうがスムーズに進みます。

放電管の故障が多いのですが、放電管の場合は目安ですが、16,000~17,000円ぐらいとのことです。

まとめ

いかがでしたか?オゾン発生器は正しく使ってこそ人畜無害、殺菌・消臭効果が大きいのです。オースリークリア2は正しく使うだけでも長持ちします。くれぐれも間違った使い方をしないでください。

sponsored link

down

コメントする




最近のコメント

    当サイトお薦め!返金保証付の万能タイプ

    経済産業省認定!サリール

    マイナスイオンとオゾンで部屋リフレッシュ!

    有人環境でも使用可能!介護にお薦め!

    オゾン水生成器 オゾンバスター

    オゾン大容量生成 業務用

    Count per Day

    • 13現在の記事:
    • 1158総訪問者数:
    • 0今日の訪問者数:
    • 2昨日の訪問者数: