悪臭の消臭や殺菌効果に優れたオゾン発生器のすすめ

オゾン発生器は殺菌・消臭・漂白の効果が優れていること、オゾン発生器の性能・評判などをいろんな角度から検証しているサイトです。

部屋の悪臭対策!2500円のオゾン発生器でも確かな消臭効果!

time 2019/09/07

部屋の悪臭対策!2500円のオゾン発生器でも確かな消臭効果!

オゾン発生器には製品により価格面で大きな差があります。当サイトでお勧めのオゾン発生器はかなり高額ですが、アマゾンではかなり安価なオゾン発生器が販売されています。
今回は安価なオゾン発生器にはどれほどの効果があるのか検証しました。その結果わずか2500円のオゾン発生器でも満足できる消臭効果が得られました。
部屋の悪臭に悩んでいるけどオゾン発生器を購入する決断がつかない方や、オゾンの消臭効果を信じられない方、価格の面でためらっている方はぜひ参考にしてください。

 

安価なオゾン発生器とは?

アマゾンでオゾン発生器で検索するとたくさんヒットします。価格は本当にピンからキリまで、幅広く今回紹介する2000円台のものから数十万円のものまであります。

しかし、注意しなければならないのはオゾンの発生量です。オゾンの発生量が記載されてなかったり多すぎるものや少なすぎるものは除外してください。

また、プラズマクラスターイオンとオゾンを同時発生させる機種も多数存在しますが、プラズマクラスター自体有効な科学論文がありません。ですからプラズマクラスターはこの際無視しましょう。

安価なものはほとんど海外の製品が多いのですが、オゾンの発生量が重要です。

中にはオゾン発生量が 5000mg/hr と桁違いなものもありますが、一般家庭で使うには危険なレベルだと思います。

今回実証したのはオゾン発生量 100mg/hr の小型のタイプでコンセントに直差しするタイプです。

価格もアマゾンで約2,500円前後とかなり安価です。

製品の仕様

製品の性能は以下の通りです。

材質:ABS
電圧:AC100-240V /50-60Hz
電力:5W
オゾン生成量:100mg/hr
ベンゼン除去率:99.00%
サイズ: 138 × 72 × 35mm
重量:約350g

外観はこのようになっています。

 

おそまつな英語の取扱説明書はついていますが、アマゾンの製品サイトで使い方が説明されていますから、そちらを見たほうがいいです。そのページを印刷することをお勧めします。

使い方

使い方は簡単です。アマゾンのサイトから抜粋しました。

  • ①本体をコンセントに差し、真ん中のスイッチOn/Offスイッチを押すと、オゾンが出始めます。
  • ②左の(WORK)のスイッチを押すたびに 10、20、30と表示されます。ここでオゾン吐出時間 (分単位)を選びます。
  • ③続いて右の(REST)のスイッチを押すたびに 、0h、2h、4h、8h と休止時間が表示されます。この間オゾン排出は止まっています。
  • 例:10-0hとすれば、10分間オゾンが発生してそのまま停止。30-4hとすれば30分オゾン排出後、4時間休止でオゾン吐出を繰り返し運転します。

0h にすれば繰り返し運転せずに一回だけで終了します。

安価なオゾン発生器を運転してみた

我が家には十数年前から使用している折畳み式のマットレス付きのベッドがあります。

このマットレスが長年の汗とカビのためかなりの臭いがするので、この悪臭が取れるかどうかを検証してみたいと思います。

30分オゾン排出、2時間休止というサイクル運転を出勤前にセットし、夕方帰宅後の消臭程度はどうなのか調べました。

部屋に入るとかすかにオゾン臭がします。窓を開けて換気する必要があるのですが、あまり大したオゾン臭ではなかったので早速ベッドの臭いを嗅いでみました。

すると、今まであれほど臭ったのが嘘のように臭わなくなりました。

マットレスに直に鼻をくっつけても前のような臭いはしません。

正直、一回では臭いは取れず数回オゾン排出する必要があると思っていたので、たった一回でこんなに消臭効果があるとは思いもしませんでした。

マットの奥深くまで消臭したいので、その後2回運転してマットレスの消臭は完了!

次に洗面所のコンセントにこのオゾン発生器を差し込んで、バスルームと洗面所にオゾンを排出しました。

洗面所のカビ臭は取れましたが、バスルームの黒いカビが発生しなくなるかどうかは今後の検証しだいです。

安いオゾン発生器でも確かに効果はある!問題は耐久性!

検証の結果、安価なオゾン発生器でもかなりの効果が認められました。

だったら高価なオゾン発生器なんか不要ではないか?と感じてしまいますが、この製品のカスタマーレビューにもあるように耐久性に問題があるようです。

といってもオースリークリア2の数十分の一にも満たない価格なので一年でももてば御の字という考え方もできます。

まあ、最終的には購入者の価値観によりますが、筆者はオゾンの効果を試すには惜しくない価格だと思います。

オゾン発生量も 100mg/hr と丁度よい値ですし、コンセントに差し込むだけという手軽さがいいと思います。

室内で洗濯物を干すときに使用すると、室内干しのいやなにおいがなくなることが期待できます。

ちなみに室内干しの嫌な臭いの元は「モラクセラ菌」ですが、こいつの殺菌は熱湯で煮沸しないと菌が完全に死なないそうです。

しかし、オゾンを排出するだけでもモラクセラ菌を殺菌できます。もっとも効果的なのはオゾン水に浸けて置くことです。

まとめ

当サイトでお勧めしているオースリークリア2などの購入をためらっている方は、安価なオゾン発生器でもかまいませんが、気をつけていただきたいのはオゾン発生量が記載されていない機種や、多すぎる機種を選ばないようにしてください。

オゾンはあまりにも濃度が濃ければ有害がガスですが、少なすぎるとオゾンの消臭、殺菌効果が出ません。家庭用には500mg/hr が適量だと思います。

筆者は 100mg/hr でも予想以上の効果を感じました。もちろんオースリークリア2の 500mg/hr に比べたら消臭効果は落ちますが、オゾンの効果を知るには十分な結果だと言えます。

down

コメントする




最近のコメント

    当サイトお薦め!返金保証付の万能タイプ

    お試しオゾン発生器!安価ながら効果あり!

    マイナスイオンとオゾンで部屋リフレッシュ!

    有人環境でも使用可能!介護にお薦め!

    オゾン水生成器 オゾンバスター

    オゾン大容量生成 業務用

    Count per Day

    • 22現在の記事:
    • 2199総訪問者数:
    • 2今日の訪問者数:
    • 6昨日の訪問者数: